VENEZUELA – CHUAO ベネズエラ - チュアオ

VENEZUELA – CHUAOベネズエラ - チュアオ

産地情報

ベネズエラ・ボリバル共和国、通称ベネズエラは、南米北部海岸沿いの国。東をガイアナ、南をブラジル、西をコロンビアに囲まれています。世界有数の石油産出国で、主要輸出品目として同国の経済は石油収入に依存しています。カカオは生産量で見るとそこまで多くはありませんが、ファインフレーバーを持つカカオとしてとても有名です。実は日本が輸入するカカオ豆の産地ではガーナに次いで2番目に輸入量の多い国がベネズエラなのです。

パートナー情報

ベネズエラ産のカカオでチュアオという地域を聞いたことがある方は多いのではないでしょうか。
450年以上にわたりチュアオは素晴らしいカカオを生産する地域として名声を得てきました。チュアオには2,331人の原住民がいて、そのうちの125人がカカオ生産に従事していますが、プランテーションは個人や企業ではなく地域社会が所有し、協同組合によって管理されているのが特徴です。弊社のパートナーであるIntercacaoは2017年収穫以降のチュアオのカカオを公式に買うことのできる企業として組合とパートナーシップを結んでいます。組合のメンバーの多くは、ヨーロッパ人が南アメリカに到着した直後に連れてきたアフリカ奴隷の子孫で、彼らはカカオ生産の伝統を継続する取り組みを続けています。カカオの世界でチュアオが特に区別される要因として、間違いなくその土壌、灌漑システムと気候が挙げられます。年間平均気温は約27度、降雨量は平均1,000ミリ。山と森に囲まれた環境は、世界最高品質の豆の生産に最適です。チュアオの灌漑システムは人工的な浸水と、渓谷の自然な斜面のおかげで理想的な排水が行われています。

  • パートナー情報
  • パートナー情報

基本データ

地域 アラグア州チュアオ村
品種 トリニタリオ / クリオロ(32%)
発酵方法 ボックス法(木製)
発酵日数 5-6日間
攪拌 24 / 48 / 48 / (24) (h)
乾燥方法 セメント床にて天日干し
乾燥日数 通常6日
水分値 7.5%以下
選別 目視選別
認証 チュアオ証明書付き
その他 パッキング前カットテスト
フレーバー 柑橘、ヘーゼルナッツ
国内生産量 18,000トン(2016/2017)
収穫期 メイン12-3月 サブ 6-7月

一覧に戻る