BRAZIL – AMAZONAS ブラジル - アマゾナス

BRAZIL – AMAZONASブラジル - アマゾナス

産地情報

ブラジル、といえば広大なアマゾンを想像する方も多いのではないでしょうか。これからご紹介する地域は先述したAkesson’ Organic社のものとは別の地域、アマゾンで採れるカカオになります。
このカカオはブラジルの広大なアマゾンでも全体のわずか5%に満たない「ヴァルゼア」と呼ばれる川沿いの低平な土地あるいは増水期に水に浸る氾濫原で自生するワイルドカカオ(野生種)です。その地域に自生するカカオはアンデス山脈から数千キロの長旅を経て運ばれてくる豊かな栄養分のおかげで、肥料や農薬がなくとも充分に育ちます。しかし、品種改良されていない野生のカカオになるため小ぶりなサイズが特徴で、そのサイズ感からチョコレートの原料よりもココアバター搾取用のコモディティ品として長年低価格で取引されていました。

パートナー情報

そのような現状の中、弊社のパートナーであるNPO法人クルミン・ジャポンはカカオの発酵のプロセスを踏むことで換金作物として価値が上がることを広めると共に、最良な発酵を行うことでクオリティを高め、プラスαの対価を支払うと同時にアマゾンの人々と自然を守ることを目指し実際に現地に根付いた活動をしております。

  • パートナー情報
  • パートナー情報

基本データ

地域 アマゾナス州マニコレ市
品種 クリオロ、フォラステロ、トリニタリオの交雑種
発酵方法 ボックス法
発酵日数 5日間
攪拌 48/24/24/24(h)
乾燥方法 屋外天日干し
乾燥日数 7日(季節によって変動)
水分値 6.7%前後
選別 目視・手選別
認証 N/A
その他 アグロフォレストリーによる自然農法
フレーバー 青リンゴ、バナナ、山椒
国内生産量 190,000トン(2016/2017)
収穫期 メイン1-5月

一覧に戻る